【ハスの花とランクについて考える夜。】

【ハスの花とランクについて考える夜。】
 
毎週、濃厚な話をさせてもらってますが、ランクについてはよく話題になります。
■「深層民主主義」と「ランク」の動画についての記事はこちら
http://changeconflict.com/?p=657
ランク概念についての動画をシェアした時も、
ワールドワーク合宿の後も、
先日の最高の居場所でやらせていただいた講座の後も、
ランクについての感想をたくさんいただいています。
 
だからみなさんとこのことについて学んでいけることはとても嬉しい。
 
ランク概念、知るだけでも相当パワフルなのですが、
それを人生に使っていくにはやはりそこへの意識と気づきが必要です。
とても体感的なものなので、
頭で理解をしてコントロールできるようなものではないのです。
 
語るだけでは伝えきれないものがあり、
とても歯がゆくてもどかしさも感じています。
 
時間がかかり、その人の意志や決意、スタンスなどにも影響するように思います。
 
私自身ランク概念て多分一生をかけて学び続けるテーマだと思っているんです。
つい最近もガーンと頭を殴られるような学びがあったし。
 
ワールドワークLABOのチームはやっと同じような景色がみえるようになってきた印象があります。
それは実践と体感的なトレーニングを継続しているからだと思ってます。
 
ぜひ体感を通してランクについて
「あ!これがこれか!」という理解を深めてもらいたいと
思っています。
 
来れる方はぜひきてみてくださいね。
初めてでも参加できる合宿はなかなかやらないので。
 
11月末のランク合宿、人が集まりだしています。
 施設とのやりとりがはじまりましたので、
参加を検討している方はお早めにお手続きください。
 
■ランク合宿の申し込みリンクはこちら
 
シェアも歓迎です🎶
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
突然ですが、以前「dayaの不思議なタッチ」、
と呼ばれていたプロセス指向ボディワークは
今は「ロータスタッチ」という名前でやっているをご存知でしたか?
まぁその話はまた今度にして、
 
ハスの花って泥の中でじーっと育って、
ある瞬間水面にでて開花するので仏教とかでもメタファーに使われたりしているし、
いろいろなスピリチュアルな成長に関心をもつ業界でもシンボルとして使われていますよね。
 
日本に帰国したばかりの頃に、とある知らない人に
「君は今泥の中にいて苦しいだろうけど念ずれば花開くから諦めちゃダメだよ。」
といってもらったことがあります。
当時20歳の私はなんのことかわけがわからなかったのですが
「泥の中でもがいている」という感覚は確かにあったわけで、
いつか花が開くから諦めるなくらいにとらえてましたw
 
あれから20年以上が経ち、
いろいろな経験とトレーニングを経て
あの時の言葉が今もあの1度しかあっていないおじいさんの顔は忘れたことがないのですが、
いろいろな意味で
「念ずれば、花開く」という言葉がランクを考える時に色々と繋がってるなぁと思ったりしています。
 
どんなに時間がかかったとしても、
自分のパーソナルパワーとつながったとき、
その人はハスの花のように静かでリラックスしてて
安定した美しさを放つこととか。
 
また、念ずればという、諦めなさは自分のランクと出会い、
繋がっていく時に必要な意志でもあります。
選択のような要素もあるかなと思っています。
選択や意志やその人の意識だけでなく、無意識の部分、
夢の部分とも影響しているように思います。
 
その時は泥だったけど、そこに実はすごい栄養があったり、
必要なプロセスがちゃんと動いていたるするのだという信頼は、
祝福できるようになると低いランクの経験や視点の豊かささえも
祝福できるようになるというところともつながるように思います。
 
でもこれは言葉にすればするだけ私の体感から離れて、
表面的で薄っぺらい感じになっていってしまう感覚になるのでそろそろやめておきましょう。
 
 話すよりも、
合宿で実際にいろいろなことをやってみて感じて気づいて、
忘れないように体に刻み込んでいってもらいたいです。
 
====================
ランク概念をはじめ、プロセスワークについて語ってる動画シリーズです。
 
・ランク概念について
 
・深層民主主義について
・ワールドワークについて
===============
 
<合宿・講座情報>
 
・ランク合宿@清里
 
・【残席3名】
日常で使えるプロセスワーク講座BASIC 15期@三鷹